AGA治療をする病院の選び方!本格的にAGA治療を考えている方へ

「抜け毛が気になる」「薄毛が目立つ」AGA治療を真剣に考えている方へ、病院の選び方のポイントをご紹介します。AGAの症状が見られたら早い段階で医師に相談することをおすすめします。

*

AGAの治療方法と料金について

   

薄毛や抜け毛を防ぐプロペシア

病院でAGAの治療に取り組む場合、その方法は主に2つに分けられます。まず代表的な治療方法として知られるのが、プロペシア錠の服用です。こちらは男性ホルモンの生成を抑制する薬で、薄毛や抜け毛を防ぐ効果があります。薄毛の治療薬としては唯一厚生労働省が認可していることもあり、安心感が持てるのも大きな強みでしょう。

ただプロペシア錠は飲み続けなければいけない薬であり、ランニングコストが非常に掛かることでも知られています。1錠単位で考えるとおよそ300円が目安で、1ヶ月換算で9000円ほどの料金となります。病院での初診や再診時に必要な費用もあり、そういった積み重ねを何ヶ月もできるかどうかがポイントです。

頭皮に直接塗る育毛剤ミノキシジル

もう1つの方法には、ミノキシジルという外用薬を使ったものがあります。こちらは頭皮に直接塗る育毛剤のような使い方をするのが特徴で、AGAの治療に用いる外用薬の中では最も効果が期待できるとされています。とはいえミノキシジルの方も一朝一夕というわけにはいかず、最低でも1年以上の長期的投与が必要なのです。

気になる料金については、1ヶ月分で8000円ほどです。個人で輸入して手に入れるよりも病院で処方される方が割高になり、プロペシア錠のとき同様診察費用も用意しなければなりません。両方を比較するとミノキシジルの方が若干安く済みそうな印象はあるものの、いつまで続けるのかによっても差が生まれることを忘れてはいけません。

何よりもAGAの治療には、この2つの方法を同時進行で行うのが最適と言われています。そのため毎月17000円以上出せるという人であれば、プロペシア錠もミノキシジルも処方してもらうといいでしょう。

先にも少し触れたように、料金だけであれば個人輸入で購入した方が圧倒的に安いです。診察料も掛かりませんし、より手軽と言えます。ただし偽物や副作用の心配もあるため、特に初めてAGAの治療をするという人は素直に病院へ行くべきです。長く続けることが前提だというのも、忘れないようにしましょう。