AGA治療をする病院の選び方!本格的にAGA治療を考えている方へ

「抜け毛が気になる」「薄毛が目立つ」AGA治療を真剣に考えている方へ、病院の選び方のポイントをご紹介します。AGAの症状が見られたら早い段階で医師に相談することをおすすめします。

*

病院で受けるAGAの遺伝子検査とはどんなもの?

   

薄毛になった場合は、その原因を見た目では判断することが難しいとされています。薄毛になる原因には様々なものがありますが、原因によって対処法が違うため、治療を行うときはまずは薄毛の原因を突き止めることが欠かせません。

そこで薄毛の原因となるAGAであるかどうかは、病院で遺伝子検査をすることによってはっきりします。

遺伝子検査で男性ホルモンを調べAGAの遺伝を調べる

遺伝子は時間がたっても変化することはありませんから、いつでも時間に余裕がある時に行うことができます。遺伝子検査とは具体的に、病院で口や鼻などから粘膜を摂取して、それを遺伝子の単位で分析する検査方法です。

粘膜を摂取するだけで、あとは検査結果を待つだけなので、検査を受ける人にとっては身体的な負担が少ない検査だといえます。病院で検査を受けてから結果が出るのは、専門機関で分析をしてもらわなければならないので1か月間ほどかかります。

AGAの遺伝子検査では、沢山存在する遺伝子の中から、男性ホルモンの感受性に関わっている遺伝子を調べることが目的になっています。その男性ホルモンを表している遺伝子の配列を調べることによって、今現在の薄毛の原因がAGAであることを結びつけることができますし、将来的にAGAになりやすいかどうかを調べることができます。

AGA治療薬の感受性も同時に調べる

また、AGAを治療する時に、薄毛対策に効果があるとされている内服薬や外用薬があります。それらの薬を使ったときに、自分の遺伝子が、その薬の効果に対して感受性があるかどうかも判定することができます。

AGAを治療するための薬は複数、存在していますから、その中から自分の体質に合ったものを探すことが可能になります。治療薬は保険が適用されないことが多いので、あらかじめ遺伝子検査によって効果が高いかどうか判定することができれば、効果がない治療薬ではなく効果が高そうな治療薬を選ぶことも可能になります。

AGAは一度発症してしまうと治療を行わなければ薄毛が進行し続けてしまいますが、早めに治療をすることによって高い改善効果が得られることから、早めに遺伝子検査を受けて治療を行うと安心です。